PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

千葉県で唯一・お灸専門の治療室。たかのウィメンズお灸治療室

未妊・不妊・逆子(骨盤位)・つわり・ウオノメ・イボ・リラクゼーション効果など、女性鍼灸師がお灸だけで治療しています。総合病院などで、鍼灸師・准看護師として勤務していた経験をもとに、カウンセリングとお灸治療をしています。お灸は本来気持ちよく安全なもので、熱すぎるお灸や痕の残るほどのお灸をすることはありませんのでご安心ください。タワーマンション内の完全個室です。カード決済が可能になりました。お灸好きな猫が部屋に来ることがあります。(猫が苦手な方は、ご予約時にお知らせください)
治療内容と料金

当治療室では、治療内容で料金が変わります。

治療にかかった手技分の合計(基本料金+他)が治療代金となります。

医療費控除や確定申告などに使用できる領収書を毎回発行いたします。

カード決済も可能です。

 

ご予約・変更・キャンセルは、こちらのボタンをご利用ください。

RESERVA予約システムから予約する

ご予約は3時間前まで、キャンセルは1時間前まで可能です。

 

治療基本料金 (詳しい治療内容は、カテゴリーをご覧ください)


未妊・不妊・妊娠希望のお灸  2,500円
つわり・安産・マタニティのお灸  1,500円 

骨盤位(逆子)のお灸 2,000円
母乳相談のお灸  2,000円
子供のお灸 500円
ひび割れのお灸 300円
ウオノメのお灸 1,500円
イボのお灸 1,500円

メンタルヘルス・美顔のお灸 1,000円
円形および脱毛症のお灸  1,500円
喘息のお灸  2,000円
ぎっくり腰・寝違えのお灸  3,000円
筋疲労・筋肉痛のお灸  2,000円
胃弱・胃の不快感のお灸  700円
鼻症状(鼻閉・鼻づまりなど)のお灸 500円
Tired of Traveling 7,000円

その他の症状については、お問い合わせください。

 

付加治療


足裏touch(タッチ) 2,000円
耳管経穴brush(ブラッシュ) 1,000円
背灸       500円
リラックス鍼(接触鍼)1,500円 
線香灸ほか 1,500円 
温竹灸・棒灸 1,500円 
点灸(直接灸)1,500円

 

販売


お灸を各種販売しております。

 

その他


初診カウンセリング 4,000円
各種セルフ灸の指導(初診後)2,000円
授乳指導 2,000円
ツボの位置指導 500円
出張治療 治療費+交通費+1,000円


初診の方へ

お灸について

ご予約・変更・キャンセルは、こちらのボタンをご利用ください。

RESERVA予約システムから予約する

ご予約は3時間前まで、キャンセルは1時間前まで可能です。

| 治療内容と料金 | 23:41 | - | - | - | - |
アクセス

たかのウィメンズお灸治療室(たかの)

 

千葉市美浜区高洲3-15-6ベイマークスクエア マリナコート907号室


JR京葉線「稲毛海岸」より、徒歩4分 成田・羽田空港から、リムジンバスで乗り換えなしです。

玄関はオートロック式です。
★1階で907号室の呼び出しをお願いします。


駐車場は近隣の駐車場をご利用ください。

 


 

| アクセス・お知らせ | 08:03 | - | - | - | - |
初診のかたへ

・初めて治療室に来られる方は、予約サイトからご予約いただくか、電話かメールでのご連絡をお願いしています。
(非通知設定の電話ですと折り返し連絡できませんので、設定を解除して下さい)
・初診の場合、カウンセリングシート(問診票)の記入と初診カウンセリング(体のお灸テストと反応を観察する、標準医学的な説明を含む)で時間が60〜90分程度かかりますので、ご了承ください。
・治療の前には、お灸治療道具の説明とデモンストレーションがあります。
・領収書を発行しています(高額医療費申請や確定申告に使用できます)。
・治療代金は、加算方式です。
基本料金に加えて棒灸などの治療併用すると、その合計金額が治療代金となります。

・代金のお支払いは、現金またはカードでのお支払いが可能です。(VISA,MASTERなど、1回払いのみ)。治療終了後にお支払いください。
・簡単な服装でお越しください(靴下や裸足で結構です)。
・男性の付き添いは、ご遠慮いただいております。
・お子様連れの方(乳幼児くらいまで)は、ベビーカー、または、おんぶ抱っこ用品を持参して下さい。
・中学生くらいまでのお子様は、お灸が終わるまで同室または別室でお待ちいただくことができます。

 

| 初診について | 00:15 | - | - | - | - |
逆子(骨盤位)のお灸

逆子のお灸はいつ始めたらいいか?

 

それは、妊婦検診で「逆子」と診断された時からです。

早い人で28週、一番多いのが30〜33週、36週からお灸される方もいらっしゃいます。

お灸中も赤ちゃんはよく動きます。

 

逆子(骨盤位)や帝王切開、胎児の発育や産後についての誤解が、思った以上に多い印象があります。

逆子(骨盤位)であっても、妊娠経過自体は正常範囲であることがほとんどです。

専門的な資料をご覧になれますので、ぜひこの機会に「安全」と同時に安心できるよう、お手伝いさせて頂きます。

 

お灸の香りに癒されながら、赤ちゃんの動きを観察していきましょう。

 

| 骨盤位(逆子)のお灸 | 16:37 | - | - | - | - |
未妊・不妊・妊娠希望のお灸

未妊・不妊の原因は様々で、原因不明なことも多くあります。

それぞれ体には個性があり、その人に合った体調管理の方法を考えます。
ほとんどの方が、未妊の状態です。
何か特別に食事を制限したりする必要はありません。

これから授かりたいなと考えている人も、ちょっと妊活に疲れてしまった人も、一度お灸を試してみることをお勧めします。
医学的な知識を基に、情報の整理整頓をしてみましょう。
妊活はそんなに難しく考える必要はありません。

 

流産後の体と心の立て直しのご相談にも応じています。

体と心への負担が軽減され、再び授かることが可能になるように調整していきます。
婦人科領域にトラブルがある場合は、クリニックの内容と平行しつつ、お灸でどこまで相乗効果を出せるか考えながら進めていきます。


ストレスや消化排泄などの状態が良くない場合は、それも並行して治療をすすめます。
自宅でも継続治療できるように、施術個所は最小限にして、体と心の負担を軽くします。

すでにクリニックや産婦人科へ通われている方は、そのスケジュールに沿うように施術していくのが理想的です。
詳しくは、お尋ねください。

施術者も未妊・不妊治療経験者です。
未妊・不妊についてのカウンセリングも同時に行っています。

既婚、未婚に関わらずご相談ください。


未妊・不妊治療には様々なものがありますが、妊娠に挑戦するのが初めての方でしたら、まずはお二人で産婦人科(ブライダルチェック)を受診することをお勧めします。
ブライダルチェックとは、妊娠しない原因を調べる検査ではなく、今から妊娠していいかどうか?を観察する検査です。

ブライダルチェックの検査項目には、妊娠出産に重要な風疹などの抗体検査、肝炎などの感染症関連も含まれます。普段の健康診断とは異なった、妊娠出産に特化した男姓と女姓の検査です。

 

ブライダルチェックの結果を待ちつつ、お灸を始めてみてもいいと思います。

詳しくはお問い合わせください。

 

★私自身の未妊・不妊治療体験から。

未妊・不妊治療を自己経験した鍼灸師は、全国的に見てもあまり例がありません。

私自身の場合、未妊・不妊治療はクリニックや産婦人科への通院と、自宅でのお灸を使った自己治療を並行しました。未妊・不妊治療は、ほとんどの方が始める前にとても複雑な抵抗感があり、妊娠するしないにかかわらず費用がかかることを知り、諦めるか途中で治療や通院を中止する、、、、。私も「いつまで、どのくらいお金がかかるんだろう。」と不安になりながら続けました。しかし、治療や通院を続けることで、できれば結果が出てほしい、、、、。

私自身の経験や体験を交えながら、少しでも多くの方が赤ちゃんを授かりますようにと願っております。

| 未妊・不妊・妊活のお灸 | 16:28 | - | - | - | - |
つわり・安産・マタニティのお灸について

マタニティのお灸とは、妊娠中におこる様々な症状(マイナートラブル)を指します。

 

★つわり 妊娠反応が出るころから、妊娠後期まで。

 

つわりを我慢する、あるいは我慢することが当たり前のことだ、などと言われることもありますが、それは昔の話。

いまは、つわりは辛いこと、妊婦自身の心と体の元気をなくしてしまうものと認識されていて、「つわりは我慢するもの」というものではなくなりました。

つわりにはいろいろな対処方法がありますが、その中にはお灸も含まれます。

母子手帳がまだ発行されていない初期のつわりにも対応可能です。

 

★妊娠中の腰痛、肩こり、不眠、食欲不振、マタニティブルー、ウオノメの痛み、鼻・胃腸の不快感など。

 

妊娠中のいろいろなトラブルに、お灸で対応しています。

お薬など、あまり服用したくない場合、あるいはその症状が軽くても長引く場合など、お灸が対応できることもあります。

 

★妊娠中の癒し、リラックス効果。

 

妊娠中にお灸をすることで、心や体がリラックスできます。

お灸の香りに癒される方もとても多いです。

 

 

ただしお灸では対処できないものもあります。
詳しくはお問い合わせください。

 

 

| つわり・安産・マタニティのお灸 | 16:27 | - | - | - | - |
治療者紹介


高野 美加(takano mika)

1965年 岡山県生まれ

1988年  大阪芸術大学卒業
1993年 「はり師」「きゅう師」国家資格免許取得
1994年  総合病院リハビリテーション室勤務(整形・脳外・透析・救急・内科ほか)

1998年 森秀太郎先生に出会う
1999年  高齢者施設勤務
2002年 「准看護師」免許取得
     総合病院勤務(整形・救急・脳外・内・透析・手術室ほか)
2008年  赤十字幼児安全法短期講習を受講済み
2015年 せんねん灸セルフケアサポーター認定

メディアなど

・ 「北米東洋医学誌 NAJOM, North American Journal of Oriental Medicine(2か国語による鍼灸雑誌) 」にお灸治療の症例を定期掲載中

・ カルチャーセンター各教室にて、一般向けお灸教室の先生

・ 鍼灸師向けのお灸講師

・鍼灸専門誌に原稿など掲載中

 


晩婚をきっかけに、妊娠に挑戦する。
不妊外来に通院しながら自己治療を行い、42歳で第1子を妊娠、出産。

おと(oto)

2011年 千葉県生まれ
黒猫(かぎしっぽ)  時々、お灸治療を見学に来ます。


のこ(noko)

2009年 埼玉県生まれ
黒猫(美人ねこ) 時々、鈴の音だけが聞こえます。

 猫アレルギーのある方は、事前にお知らせください。
| 治療者紹介 | 16:26 | - | - | - | - |
母乳相談・産後の疲労感・産後うつなど

母乳相談について

 

母乳に関する相談は多く、現在の赤ちゃんへの母乳や、次の妊娠のための母乳相談など人によって違いがあります。
自覚症状としては、乳汁不足、乳腺炎、しこり、全身倦怠感、背中の重だるさなどです。

母乳マッサージはおこなったほうがいいのか?という内容も、産前産後によくある相談です。
お灸をすることで、以上のような症状を軽減できることがあります。

母乳のお灸のポイントは背部にあることがほとんどで、おっぱいそのものにお灸をすることはありません。
また、授乳の姿勢を少し変えることで乳腺の詰まりやしこりが消失することもあります。

痛くない母乳(乳腺)マッサージの方法もあります。

お灸はぬるめの温度で行います。
お子さま連れなら、お灸の途中や最後に授乳をしていただくことで、しこりや詰まりが軽減されていることに気がつくでしょう。
治療者自身の経験を活かしつつ、産後のトラブルを一緒に乗り切りましょう。

食べ物や生活習慣について、なにか制限する必要は(特別な場合を除いて)特にありません。

母乳が作られる仕組みが理解できれば、母乳育児の方もミルク育児の方も情報の選択がしやすくなるでしょう。

ある症状があっても、授乳中や産後などはお薬を飲めない、または飲みたくないなどの事情がある方も多いと思います。
そういう場合は、お灸をしてみるのもいいと思います。

※母乳関係のお灸で赤ちゃんと一緒に来室される方は、エルゴなどのおんぶ紐を持参して下さい。
一人で来室される方は、おんぶ紐などは不要です。

 

 

 

産後の疲労感・産後うつのお灸

 

出産後から3年目くらいまでが一番多いように感じています。

 

私自身も経験者です。

詳しくはお問い合わせください。

 

 

 

 

| 母乳相談のお灸 | 12:22 | - | - | - | - |
ウオノメ・イボのお灸

ウオノメはお灸で取れます。

歩行時の痛みがある場合は、まずウオノメによる痛みをお灸でとります。
ウオノメそのものにお灸をのせていくだけなので、熱さを感じません(ウオノメが角質化しているためです)。

小さいウオノメであれば1回のお灸治療で取ることができます。

大きいウオノメやウオノメが複数ある場合は、2〜3週空けて2〜3回のお灸治療で取れます。

痛みのあるウオノメは、初回のお灸治療で痛みはほとんどなくなります。

お灸治療のあとは削ったりしないで、放置しておくといつのまにかきれいな足の裏になっています。
どこにウオノメがあったか、わからないくらいになります。

スピール膏や液体窒素、足底板など、ウオノメの対処方法はありますが、お灸もお勧めです。

ウオノメのお灸はいつでも受付しております。
詳しくはお問い合わせください。


イボは感染性ですので、小さなものでも少しずつ広がるか大きくなることもあります。
足の裏や体幹、手の指に出来るイボはそれぞれタイプが異なります。

足の裏に出来るイボは、場合によっては痛みがあり、ウオノメと間違われることも多いです。その場合、取っても取ってもなくならないのが特徴です。
イボのお灸は、イボ全部にお灸するのではなく、親イボと呼ばれるもの数カ所だけにとても小さなお灸をします。
お灸したイボは次第に小さくなり、それに伴って周りのイボも小さくなっていきます。

イボのお灸もウオノメのお灸も熱くなく、また痛みもありません。お灸やイボ・ウオノメの痕も残りません。
どちらも治癒率99%を体験しておりますので、安心してウオノメ・イボのお灸をされて下さい。
来室された方には写真等で治癒過程を説明しております。

| ウオノメ・イボのお灸 | 11:15 | - | - | - | - |
セルフ灸のこと

当治療室では、ほぼ全員の方にセルフ灸を指導しています。

お灸治療はもともと、日本にある昔からのセルフケアのひとつで、お灸屋さんで治療を受けたあとは自宅で自分でお灸を続けることが珍しいことではなかったのです。

お灸屋さん(または鍼灸師さん)で、自分に効くツボの印をつけてもらったら、まずは最低でも10日間から2週間は毎日続けましょう。

人によりますが、多少の体の変化が現れます。
体の変化が現れると、効くツボも移動するか、ツボの反応に変化が現れます。

ですからツボは、2週間か1か月を目安に取り直したほうが良いでしょう。
ツボは、体の反応ポイントであり治療ポイントでもあるからです。
反応が少なくなったツボや治療効果が半減したツボを使い続けるのは、もったいないことです。

「お灸百日(おきゅうひゃくにち)」という言葉があります。
これは、お灸を100日続けたらツボを休めましょう、という意味です。
そして、100日くらい続ける根気が必要ですよ、という意味でもあります。

人の体と同じように、100日頑張るとツボは疲れてしまいます。
刺激を強くしても、数を増やしても、余り効果はなくなります。

しかし、お灸休みを入れると体のツボは元気を取り戻して、少しの刺激であっても面白いように反応します。
つまり、休みを入れることがお灸効果を更に高めるのです。

当治療室では、お灸休みの間隔も指導しています。
セルフケアであるセルフ灸を効果的に取り入れていきましょう。

| お灸について | 01:30 | - | - | - | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS